本人確認電話が掛かってくる事はありません

キャッシングベスト3

カードローンを作る時の本人確認の電話って断れるのでしょうか

36歳の専業主婦です。カードローンを作って、お金を借りたいのですが、夫に知られたくはありません。夫との夫婦関係は上手くいっていますが、借金する事を知られるのは嫌なので、夫には内緒でお金を借りようかなと思っています。でも、カードローンを作る時って会社に電話されますよね。だから、本人確認があると思うのですが、夫に、本人確認の電話されると借金がばれるので困ります。その場合本人確認の電話って断れるのでしょうか?

本人確認の電話が掛かってくる事はカードローンではまずありません

カードローンを申し込んだ場合、本人確認の電話が掛かって来るような事はありません。貴方のご主人にもありませんし、貴方ご自身にもありませんから大丈夫です。なぜかと言うと、本人確認は、カードローンを申し込んだ時に運転免許証あるいは、健康保険証などの確認書類で行います。クレジットカードの契約をして買い物をした場合に、クレジットカード会社によっては利用確認などの電話が掛かってくる場合があります。

だから、そう言う場合と混同して勘違いされているのではないですか?それと、専業主婦の方の場合ですと、ご主人に知られたくはないという事でしたら、総量規制という規制が出来たので消費者金融系のカードローンでの借り入れは難しいです。

ですから、カードローンを申し込むのでしたら総量規制の対象外になっている銀行系のカードローンの方がいいです。そうすれば、ご主人の同意書も収入証明などの必要書類がいりませんから、内緒で借りる事が出来ます。ですからカードローンを申し込む場合は、銀行系のカードローンサービスをご利用ください。

なお、利用限度額については、審査の結果によって利用限度額が決まりますから、審査を受けてからでないとわかりませんが、口コミ情報などでは専業主婦の方でも、ご主人の収入によっては、結構な限度額を設定してくれるカードローンもあるようです。

カードローンでは本人確認の電話がかかってくる

カードローンでは本人確認の連絡がキャッシング会社からされることになります。この連絡は二つの時において大切になります。まずは、これからお金を借りる人の身分を証明するときです。自身がお金を借りる本人かどうかを確認するために、直接キャッシング会社から連絡が来ることになります。そしてもう一つが、これからお金を借りる人の所得を確認することなのです。これはキャッシング会社の特長でもあります。

なぜお金を借りる際にはキャッシング会社から直接連絡が行くのかと言うと、そもそもキャッシング会社では所得の証明を書類などを利用して行なわない性質があるからなのです。元々、キャッシングというのは少額融資の総称の事を言いますので、出来るだけ少額のお金を多くの消費者に対して貸すことを目的として作られています。そのため、書類を提出させるなどと言った手間をかけさせないわけです。

その証拠に、キャッシング会社では多くの無人契約機が設置されています。店舗に出向いて手続きをすれば確かに必要な書類を相手に提出することができますが、機械を利用した方法で契約をするのならば必要な書類をキャッシング会社に提出することすらできないわけです。機械を利用して契約をするわけですから郵送で証明書を送ることもできません。

だからこそ、より簡易的な直接電話をかけるという方法によって、所得の証明をすることができるようにしたのです。この場合、連絡はこれからお金を借りる人の職場に対していくことになりますので、お金を借りるときには一定の収入を得ることが出来る職に就いている必要があります。この職は収入さえあれば後は何でもかまいませんので、アルバイトであっても全く問題ないのです。

このように、カードローンにおける本人確認の時には審査を簡易化するために直接連絡をする方法によって済ませることになっています。その審査が終われば後はスムーズにお金を貸してくれますので、何も悩む必要はないわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 主婦でもキャッシングできる?|主婦向けキャッシング情報サイト All Rights Reserved.